埼玉・東京・神奈川に27箇所 宿泊研修可 社会人向けにアフター5/早朝の稽古時間あり

畑山代表略歴

  • HOME >
  • 指導者略歴 >
  • 畑山代表 略歴

指導者略歴

研心会代表略歴

畑山 憲吾 師範

担当道場
埼玉県 狭山台道場・ふじみ野道場・本川越道場
神奈川県 武蔵新城道場
1947年 秋田県に誕生
1969年 合気道をはじめて目にし、「自らの職に合気道の道を選択するのでは?」と直感
1969年 朝倉長太郎師範の指導のもと、秋田県支部にて合気道をはじめる
1970年 秋田大学を卒業、東芝に就職、川崎本社での新生活がはじまる
1970年 10月、初段に昇段
1971年 小林保雄師範と出会う(当時本部道場の指導を担当していた小林師範)
1976年 10月、会社を退社し、小林道場の内弟子となる
1978年 12月、西ドイツの浅井勝昭氏のもとへ助手として、小林道場長の推薦で派遣される
1981年 西ドイツより帰国。小林道場の指導員として所沢地区を担当する
1997年 10月26日「合気道研心会」の中心道場である、狭山台道場を設立。そして現在に至る
2000年 合気道への長年の功績が認められ7段に昇段

 

 

研心会副代表略歴

金 祐三 師範

担当道場
神奈川県 伊勢原市合気道会・秦野ロイヤル道場・愛甲石田道場・猿ヶ島倶楽部・ 厚木南毛利倶楽部・横浜いずみ道場・厚木林倶楽部・湘北厚木合気会
1956年 秋田県にて生れる
1980年 立命館大学を卒業
学生時代より茶道・空手道に熱中
1983年 小林道場の清瀬道場に入門
当時の清瀬道場は畑山先生が指導担当
1994年 小林道場の指導員になる
2000年 研心会の指導員になる
2008年 六段昇段
現在にいたる